【すごいネタバレが含まれています】
まあ作中時間は夏休み前~夏休みなんですけども

お久しぶりです。(n回目)
このゲームとかランス10とか高跳びしたりとかで久しぶりの更新になりました。

2018-01-15

アマツツミ・アオイトリをやっておいてクロノクロックだけやらないという選択肢はどこにも存在しないのでやっていました。
今更かという気もしなくはありませんが、良かったゲームの感想は、時とか場合とかそういうものを抜きにして、ただ、自分が満足したいが為に書きたいのです。


・城之内 真琴√

2018-04-06 (6)

417GnEo6WnL

パープルソフトウェアさんの手にかかればヤの付く家が裏についているような娘だろうと何だって攻略できちまうんだ
刃牙よろしく地上最強の生物であるところの真琴さんが全裸ワープしながら圧倒的物理力で敵をなぎ倒していきます。

2018-04-06 (7)

このお面!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
美少女とお面の親和性はバツグンですからね。
個人的にこの作品で一番壁紙にしたいやつ。本当に美しい……

2018-04-06 (8)

kouiunodeiindayo


バリバリの任侠映画見に行こうとしたり、その一方で普通の女の子になろうと背伸びしていたり、軽い男女付き合いにも慣れてなかったり……いいよね。こういうのでいいんだよこういうので

2018-04-06 (10)

絶対つよい。
本当に物理力は地上最強なので、もしパープルソフトウェアがトチ狂ってパープルソフトウェア バトルオブ御影ヒロイン(仮)みたいな格ゲーがあれば、天則のレミリアみたいなキャラになると思います。早いし打撃系だし


ただまあ、恐らく幾千もの感想記事にあるんでしょうけども、

2603491b3086c9df36d6c974369d1356

あっという間に終わります。
某ゲームの某ルート程ではないんですけど、本当にすぐ終わってしまうのがちょっと悲しかったです。
まあでも攻略キャラ多いししょうがないのかな、とこの時の自分は単純にそう思っていました この時は…


・ドロシー=ダヴェンポート√


2018-01-16 (2)

どの時代にも、必ず存在が確認されるキャラクターといえば、金髪のイギリス人転校生で間違いないでしょう。しかもこのドロシー=ダヴェンポートさんことD・Dは最初から高感度マックス。やったー!

2018-04-06 (11)

しかもメイド!!やったーーー!!
そんなベッタベタのテンプレ標準装備のD・Dさんに惹かれて行くのがこのD・D√なのですが

2018-04-06 (14)

普段はご主人さま呼びなんだけど、本当に本当に大事なときは、澪くんって呼ぶ所が、本当に、好き……
こういうと何なんですけど、こういうハイテンションキャラって、それはもう便利なので、それはもう便利に扱われる一方で、ちょっと食傷気味になっちゃうみたいな瞬間ありませんか?作品によっては、ロロ並のボロ雑巾にされたりするので、残念ながらそういう経験があるんですけど……

2018-01-31 (1)

でもD・Dはふと出番がなくなるとメチャクチャ寂しくなるんですよね。
特に彼女の√では、彼女自身の葛藤とか、いじらしい所とか、そういう、「D・D、お前……」みたいななんだか切ない気持ちにさせてくるので、ゆっくりドハマリしていくんですよね。そういうテンプレで終わらないエッセンスがあるのが良いよね。良いんだ。良いんです。もうずっと居て欲しい。

2018-04-06 (15)

某シュール=フルール=ジャン某さんよろしく、結婚式ごっこのシーンがあったので、本当に最高だった。
本当に最高だった。全国の金髪外国人ヒロインは須らく結婚式を挙げてください。


・安藤 美咲√


2018-04-06 (16)

このキャラデザとセリフから声がなくてもcv北見六花だろうなというキャラクターが美咲さんです。
もちろんcv北見六花です。やったーーー!!

2018-02-01

音楽記号の髪飾りを付けているといつ魔女化しないか不安になりますね。
彼女はそこそこのお嬢様なので、沢山習い事を頑張る努力家なんですけども、その中でアイデンティティとして掲げているのがバイオリンで、それを頑張るシナリオになるんですけども…

2018-02-09 (1)

壁にぶち当たり、努力が中々実を結ばないなかで、どうやって自己同一性を獲得するかみたいな、いかにも青春真っ只中らしい中身になっていて、個人的には結構好きです。
(あれ お嬢様で芸術に傾倒してて努力家で壁にぶち当たっててcv北見六花って、どこかで…?)
某ユーシェさんのキャラやシナリオは特にツボだったのでそういうところにタイプが近いのも好きな原因かもしれないですね。
満が演奏するところを聞くシーンは特にお気に入りです。

2018-02-09

かわいい。
シナリオも、真琴とは真逆で本当にひたすらイチャイチャするので、そういった部分も合わせて楽しかったです。一生懸命な女の子の姿ってのはさ 眩しく映るものなんだ それは何に対してでも……

2018-04-06 (17)

かわいい。
みんなの事が大好きで、ちょっとだけ不器用で、等身大な彼女は、きっと誰がやっても好きになれると思います。というか他の子の√でも特に本当に良い子なので……本当に……


・沢渡 満√

2018-01-23 (1)

パープルソフトウェアの妹は強い。すぐこういう事言うから
公式通称魔王である満さんは、いやもう最初から自分から澪くん好き好き言うので、いやもうどうやって個別するんだろうねって感じなんですけど、(このゲームは恋人になるゲームなので)

2018-04-06 (18)

家族が形成されて、

2018-04-06 (19)

家族ごっこをしていきます。まあそこまで珍しいわけではない(というように思えるこの業界は凄い)んですけども、過去の自分ということになっている存在に本気で嫉妬する満は結構面白かったです。

2018-04-06 (20)

このシーンはおおかた分かっててもゾクっとしましたね。
妹という存在との√において、家族関係というテーマを持ち出すからには、それを打ち破るだけの成長やキッカケが必要になるわけで、そこをどうやるかで面白くもつまらなくもなると思うんですが、うまく新鮮さを出しつつ表現してたんじゃないかなあと思います。最後の方は結構うるっと来ました。家族テーマのシナリオに特段弱くなっている気がします。

2018-02-14

パープルの妹はすぐこういうこと言うからよォ~~~~~~!好き!!!!
大好きな兄様の幸せを考えて行動するブレなさは本当に好きです。


・クロ√

2018-01-16

神様だろうとパープルソフトウェアの前では等しく攻略される存在である。
二葉亭四迷みたいな事を言った主人公の前に

2018-04-06 (22)

696D67_323034303032373030302E706E67

ユグドラシル・マグナみたいな存在に哲学を話された後ミンチにされる話です。
この√では、真琴の√が異様に短いこと、選択肢が特に「どちらか一方を選ばない」選択肢で出来ていること、恋人になったところでルートが終わる所……そういった部分に説明が付けられ、チェス盤がひっくり返され、それでもクロを選ぶ√でした。誰かを選ぶということは誰かを選ばないということなんだ……

2018-04-03

2018-04-05 (5)

頭がおかしくなるくらい連続でメチャ良いCGをブチ込んで来るので、クロ√は本当にやばいです。
ぶっちゃけクッソかわいい

maxresdefault (3)

ワイトもそう思います。

2018-04-06 (1)

何時の時代のCGにもスイーツを美味しそうに食べるヒロインのCGがあるのは、その姿が本当に魅力的でかわいいことを、皆が認めている証拠なんですよね……

2018-04-05 (4)

maxresdefault (3)

敢えて詳しくは言いませんが、この√の美咲のとあるシーンが本当に好きです。
美咲の本当に良い所が出てて、本当に良い……

2018-04-06 (23)

最後の演出が出てきたときは感動しました。あまりに御影氏の作品で光の粒子の演出に感動しているので、そろそろ全然関係ない作品の光の粒子でも感動するようになると思います。GN粒子とか


・プロローグ あるいは 鈴木みうシナリオ


2018-01-15 (4)

IQ2兆のみう氏が屋上から落下したりパンツを見せつけてくるパートです。
みうのまっすぐすぎる姿は、澪くんだけでなく、プレイしてる自分も(屋上から落下するところ以外は)眩しく映るものがありますね。

2018-04-06 (25)

澪くんは、"5分前に戻れる時計"を手に入れても、最初は刹那的な行動にばかり利用していました。
そこには自分の生まれとか、これまでの人生に依るものがあって、それに終止符を打つ存在になった歩く死亡フラグ木みうさんに強く惹かれていきます。

2018-04-06 (26)

2018-04-06 (28)

それまでの生き方を改めようと、ある種贖罪の様な形でみうに協力する澪のやり方が、なんだか甘酸っぱく、小さなきっかけを通して、人として成長していく姿が、個人的には学園モノさがあって好きです。

2018-04-06 (24)

ここが終わりで、ここが始まり。


・きっと僕達にもそんな時間があった


2018-04-06 (13)

ここから全体の感想です。
個人的には、澪・誠・律とパープル御影作品の3人の主人公の中で、澪くんが一番楽しかったです。
プロローグの内面描写が特に多かった所や、単純に性格というか、キャラクターと言うか……
特に、個別√を進めるほど、澪くんの行動が、誰にも止められなくなるというか、
彼もまた、夏休み前のみうとの一幕が、"覚悟を決めた人間を止めることは出来ない"という強さを獲得する所が現れていたのが気持ちよかったです。

2018-04-05 (1)

うまく文字に起こせないんですが、このゲームを普通にやっていると、最後はプロローグの後のみうとの、何気ない幸せな時間で幕を閉じるわけです。
こういうと何なんですが、この上なくキレイに締めたクロの後に、みうとのその後が用意されているんですね。

でもそれはこのゲームなら当然なんですよね。あそこが始まりで終わりだからです。
一番表現したかったことがそこにあるんじゃないかなと何となく思いました。

2018-04-06 (29)

いいゲームでした。今はこの、なんとも言葉にしにくい爽やかな懐かしい気持ちを大切にしたいと思います。